FC2ブログ

エステ痩身

エステ痩身の情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダイエットと基礎代謝

効果的にダイエットをするためには、「基礎代謝」についての知識を持っておくことが大切です。



「基礎代謝が少ない」ということは、即、肥満の原因に結びつくものです。基礎代謝とは、横に寝て全然体を動かしていない状態でも、さまざまな生命活動のために常に使われているエネルギーのことをいいます。この基礎代謝は個人によって差があり、10代後半位までは年々増え続け、それ以降は低下することになります。人によって差はありますが、40歳を過ぎると急激に下降することが多く、年とともにダイエットが難しくなる原因のひとつと考えられています。



また年齢を重ねるにつれて、多くの人の場合、運動量も筋肉量も減ることになり、体脂肪率がじわじわと上昇しはじめます。ですから、ダイエットプランを立てる際には、若い頃と同じ方法をとるのではなく、自分の実年齢に見合ったダイエット方法を考えることも大切になります。



肥満を防ぎ、効果的にダイエットをするためには、基礎代謝をあげることが必要不可欠と言えるでしょう。無理な減量によるダイエットではなく、食生活の改善と適度な運動を組み合わせることによって筋肉量を増やし、体脂肪を減らすことが重要となります。

スポンサーサイト

PageTop

ダイエットと有酸素運動

体に貯め込まれた脂肪を燃やして引き締まったプロポーションをつくるためには、食生活の改善によるダイエットだけではなく運動が必要となります。また運動不足の解消はインシュリンの分泌を抑える効果も持っているため、ダイエットにも役立つということができます。ダイエット中に意識して行いたい運動としては、筋肉を増やす運動や、脂肪を燃やす有酸素運動などがあります。いずれの場合も、ダイエット中に行う場合には、体に負担がかかり過ぎないように注意する必要があるでしょう。



有酸素運動とは、エアロビクスやジョギング、ウォーキング、長距離の水泳など、体脂肪を燃やすのに最も適していると言われる運動です。脂肪を分解するためには十分な量の酸素が必要ですが、体脂肪が燃焼するのは運動開始後約20分くらいからのことになるため、有酸素運動は、ある程度長い時間続けることが大切となります。ダイエット中の生活に積極的に取り入れたいのが、この有酸素運動です。



運動を終えた後も、体の中ではじわじわと脂肪が燃焼し続けていくことになるため、有酸素運動は朝一番に行うのが効果的といえます。栄養バランスのとれたダイエット食と有酸素運動を、毎朝の習慣にしてみてはいかがでしょうか?

PageTop

ダイエットと運動に関する注意事項

健康的で美しいプロポーションのためには、「ダイエット」と「運動」という両面からのコントロールが必要となります。「ダイエットだけ」、あるいは「運動だけ」では、理想的なプロポーションを実現するのはなかなか難しいのではないでしょうか?



ダイエットに関しては、いくつかの注意事項があります。総摂取カロリーがオーバーしないように気をつけるのはもちろんのことですが、脂肪や糖分などの栄養素の採り過ぎも、ダイエットの大敵と言えます。ダイエット中の食事は、総カロリーとともに、個別の栄養素についても注意を払うようにしましょう。



運動に関しては、基礎代謝をあげることが大事です。基礎代謝量は、間違ったダイエットや運動不足などによって下がっていきます。過激なダイエットで極端に食事を減らしたりすると、基礎代謝量は急激に下がってしまうことになりますが、これは、自己防衛機能によって、少ないエネルギーでも自分の体を動かすことができるように体が変化していくためです。一度、体がそのような状態になると、食べ過ぎているわけではなくても、太りやすい体質になってしまいます。基礎代謝量は、適度なスポーツを継続して行うことで、アップさせることができます。

PageTop

ダイエットとカロリー制限

ダイエットをするためには、自分の体が一日に消費する総カロリーより少ない量を、食事から摂取することが基本です。食べることによって体内に取り込まれる摂取エネルギーを、生命維持や日常の活動で使われる消費エネルギーより少なくすることが、ダイエットでは大切なのです。摂取エネルギーが消費エネルギーより小さくなれば、当然、痩せていくことになります。



摂取エネルギーと消費エネルギーの差がどれくらいあれば、ダイエットの効果が実感できるのでしょうか?ダイエットで約230グラムの脂肪を減らすには、消費エネルギーよりも200キロカロリー少ない食事を、10日間継続する必要があります。消費エネルギーより400キロカロリー少なくした場合には、計算上は約5日から7日で、およそ230グラムの減量ができます。



成人女性のダイエットでは、1日の総摂取カロリーをおよそ1200キロカロリーから1500キロカロリーくらいにするのが一般的でしょう。それ以下の摂取カロリーでは、必要とされるたんぱく質や鉄分、カルシウムなどの必須栄養素が不足してしまう恐れがあります。効果を急いで無理をするのではなく、ある程度長い時間をかけて少しずつ体重を落としていくのが理想的なダイエットなのです。

PageTop

「食べ方」を工夫したダイエット

ダイエットといえばまず、摂取カロリーを減らすことが思い浮かぶ人も多いことでしょう。ダイエットにはほかにも「食べ方」を工夫するというやり方もあります。



例えば、1日の決まった時間に、決まった種類の食品を食べるというダイエット法があります。速やかにエネルギーに変換される炭水化物を多く含む食品は、激しい運動をする時や、体がたくさんのエネルギーを必要としている朝などに摂取するのが効果的であると考えられています。また、夜には体に必要なエネルギー量が最も低くなるため、夕食では炭水化物の摂取を控えるというのも、ダイエットに役立ちます。



少ない量の食事を数回に小分けにして食べるというダイエット法もあります。食事を済ませた後には、普通はインシュリン値が上昇することになります。「大食い」や「一気食い」などにより体内に急激に糖分がとりこまれると、体が血糖値を下げようとして、インシュリンが大量に分泌されます。体内でインシュリン値が高くなった場合には、体脂肪の蓄積が促進されて、食欲も増加してしまうのです。少ない量の食事を数回に小分けにして食べるということは、インシュリン値の急上昇を防いで体脂肪の蓄積を防止し、食欲を抑制するダイエット効果も併せ持つということになります。

PageTop

ストレスのないダイエットを目指して

ダイエットとストレスは、切っても切れない縁があるものです。「食べたい」という欲求と、「痩せたい」という願いを両立させるのはとても難しいことですから、ダイエット中は必ず、何らかの我慢をしなければいけないことになります。一日の食事の回数を減らしてしまったり、総摂取カロリーを極端に低く抑え過ぎたりすることは、体に負担をかけるとともに精神的なストレスを増大させることにもなりますので、適切なダイエット方法であるとは言えないのではないでしょうか。



ダイエットは、できるだけ気楽に、無理なく継続していけるのが理想的です。「簡単に確実に痩せる薬」というような夢のようなものはまだ見つかっていませんが、科学技術が進み、ダイエット方法も確実に進化を遂げています。ダイエットに役立つさまざまな有効成分を含んだお茶を飲む方法や、ダイエットサプリメントを活用する方法、市販のダイエット食品を使って「置き換えダイエット」を実践する方法など、現在よく行われているダイエット法は多種多様です。自分の健康状態や体格、体質、性格などを十分に検討し、自分にとって最適なダイエット方法を選んで、ストレスのないダイエットを楽しんでいきたいものです。

PageTop

ダイエット(肥満と生活習慣の関係)

「肥満」とは、長年の間違った生活習慣によってひきおこされるものであるという考え方があります。そのような肥満を解消するためには、単に摂取カロリーを減らすダイエットをするだけではなく、自分が肥満状態に陥ってしまった原因を見つけ出し、その対策を立てることが重要でしょう。正しい生活習慣を身につければ、ダイエットの進行にもきっと役立つはずです。



では、ダイエット中の正しい生活習慣とは、どのようなものでしょうか?まず、食事の回数は、朝、昼、夜の1日3回をきちんと守ることが大切です。それぞれの食事のバランスは、エネルギーが必要となる朝食と昼食はしっかり、そして、それほど多くのエネルギーを必要としない夕食は軽めにするのが良いでしょう。食事はよく噛んで、ゆっくり時間をかけて摂ることが大事です。当たり前のことですが、ダイエット中は食べ過ぎに注意しましょう。アルコールなどの嗜好品や間食も、ダイエットのためにはできるだけ控えたいものです。



精神面においては、ダイエットの大敵であるストレスに注意する必要があります。ストレスは過食の原因ともなるものですから、決してため込まず、自分なりの方法で適宜解消していくことが大切です。

PageTop

ダイエットの目標設定

ダイエットをする際には、「体重何キロ減を目指す!」というような数値目標を掲げる人も多いことでしょう。でも、全く同じ身長・体重でも、太って見える人とスラリと痩せて見える人がいるように、ダイエットで理想的なプロポーションを手に入れるためには、単に体重だけを減らせば良いというわけでもないようです。



ダイエット中には、毎日体重を測って記録をつけることはとても大切な作業といえますが、体重だけにとらわれてしまうのはあまり賢いダイエット方法とは言えないかもしれません。あらかじめ自分で設定しておいたカロリーを、栄養バランスの取れた食事できちんと摂取していれば、体重のちょっとした増減はそれほど気にする必要はないということができます。急激な体重の減少は、やつれた印象を人に与えることもありますから気をつけなければなりません。



ダイエットに加えて簡単なエクササイズやマッサージなどを取り入れ、メリハリのあるボディを目指してみてはどうでしょうか。体重の減り方は緩やかであっても、外見上は大きな変化が期待できるかもしれません。ダイエットの目標設定をする場合には、「こんなふうになりたい」という理想的なボディのイメージをしっかり持つことが、とても重要なのです。

PageTop

ダイエットに挫折しないために

適切で効果的なダイエットをするためには、いろいろと気をつけなければならないことがあります。早食いや大食い、また過激なダイエットなど、やってはいけない禁止事項も多くあるものですが、ダイエットに一番必要なのは、気楽に楽しく続けていくことだといえるのではないでしょうか?効果を焦らず、ゆっくり時間をかけて継続して実践するというのがダイエットの「コツ」ですが、ストレスの多いダイエットは、決して長続きしないものです。



ダイエットをするのに、特別なことは実は何も必要ないのかもしれません。規則正しい健康的な生活・食生活と続けていれば、体のコンディションが整い、体がよく動くようになり、代謝もアップし、次第に痩せやすい体になっていくのではないでしょうか。遠回りに思えるようでも、コツコツと地道な日々の努力を積み重ねていくことが、成功につながるということができそうです。



ダイエット仲間を作るのも、楽しみながらダイエットをしていくのに役立つかもしれません。くじけそうになった時には、お互いに励まし合うこともできるので、一人きりでがんばるよりも、挫折や失敗の可能性は低くなるということができそうです。ダイエットブログなどを活用するのも、ひとつの方法でしょう。

PageTop

ダイエットサプリメントの働き

「健康的に美しく痩せたい!」という願いは、ダイエットをする多くの人に共通するものでしょう。さらに、面倒な手間がかからず、辛い思いをすることもない・・といえば、まさに「理想」のダイエットということができそうです。



ダイエットサプリメントは、根気がなくてダイエットが長続きしない人や、食べることが大好きな人にとっては、救世主的存在のものなのではないでしょうか?サプリメントを飲むだけで、さまざまな成分が体にとりこまれ、ダイエットの手助けをしてくれることになるのです。



ダイエットサプリメントには、いろいろなものがあります。体内では作れない重要な栄養素を補ってくれるものや、余分な栄養素の排出を促してくれるものなど、その働きはさまざまです。なかでも、「L-カルニチン」は、国内外の病院の肥満外来などでも採用されている注目度の高いダイエットサプリメントといえるでしょう。



L-カルニチンは、日本では昔は医薬品として使用することしかできなかったのですが、2002年に食品に分類され、健康食品やダイエット食品の分野でも注目を集めるようになりました。安全で、しかも他のサプリメントにはない独特のすぐれた機能をもつという点で、ダイエッターにとても人気があります。

PageTop

L-カルニチンとダイエット

L-カルニチンは、ダイエットには欠かせない重要な成分として注目されているものです。L-カルニチンは、脂肪燃焼のプロセスには欠かせないものですが、体内で合成される量は、年とともに減少していくものです。年齢を重ねるにつれて太りやすくなり、ダイエットが難しくなるのは、このL-カルニチンの合成量減少も影響しているものと考えられています。ですから、ダイエットサプリメントや健康食品などで、体外から摂取する必要が出てくるというわけです。



体の中でL-カルニチンが不足してしまうと、体脂肪が燃えにくい状態に陥ることになります。そのままでは、いくら頑張ってダイエットをしたところで、ダイエットの効果はほとんどでないということにもなりかねません。また、現代人の肥満の多くは油脂類の摂り過ぎが原因であると考えられています。肥満は、単に見た目だけの問題ではなく、高脂血症や糖尿病などといった生活習慣病を引き起こす原因にもなるものですから、ダイエットですっきりと肥満を解消することは、とても重要なことなのです。健康的、かつ効果的にダイエットをしたいと考えているなら、脂肪が燃えやすい体作りを心がける必要があると言えるでしょう。

PageTop

ダイエットサプリメントの有効成分

甘いものが好きな人や、食べることが大好きな人にとって、ダイエットはとても大変なものであると言えるでしょう。毎日、栄養バランスの取れたダイエットメニューを考えるのは手間のかかる難しい作業ですが、ダイエットサプリメントを上手に活用すれば、手軽にダイエットを進めることができます。ダイエットサプリメントにはそれぞれいろいろな特徴があり、複数のダイエットサプリメントをうまく組み合わせれば、高いダイエット効果を期待することができるというわけなのです。



では、ダイエットサプリメントに含まれるさまざまな有効成分は、実際に体の中でどのような働きをするのでしょうか?



体内にある余分な糖を分解してミトコンドリアまで運ぶ役目をするのは「アルファリポ酸」で、「アルファリポ酸」によって運ばれてきた糖をミトコンドリアの中に誘導するのが「L-カルニチン」です。さらに、「L-カルニチン」によってミトコンドリアの中に誘導された糖の燃焼を促すのが、「コエンザイムQ10」ということになります。また「ビタミンB群」を摂取すると、脂質代謝が上がるということがわかっています。普段何気なく耳にしているダイエット成分の役割が、なんとなく理解できたでしょうか?

PageTop

コエンザイムQ10とダイエット

ダイエットに役立つ成分のひとつとして、「コエンザイムQ10」が注目されています。コエンザイムQ10は、生体に欠かすことのできない補酵素のひとつです。補酵素というのは、その名の通り、酵素の働きを補い助けるもので、体内で物質を合成したり分解したりする際に、とても重要になるものです。



体内の細胞の中で、酸素が食物から摂取した栄養素を燃焼させることで、人間が自分の体を動かすためのエネルギーというものは作り出されていきます。コエンザイムQ10は、この燃焼の仕組みを助けるものですから、ダイエットにも重要な関係があるということがおわかりいただけるでしょう。コエンザイムQ10を活用したダイエットが注目されているのは、このような理由によるものなのです。



ダイエットは、普段の食生活を改善するだけでも相当な効果が期待できるものですが、独力でダイエットを実践しようとするのはなかなか難しいのではないでしょうか?食品のカロリーを一から計算し、効率の良い栄養素の組み合わせを考え、ダイエットメニューを作るという作業は、かなり手間のかかる面倒なものです。コエンザイムQ10など、ダイエットに役立つ成分を賢く活用して、手間なく簡単なダイエットプランを立ててみてはいかがでしょう。

PageTop

アルファリポ酸とダイエット

効果的なダイエットに役立つ注目成分として、「アルファリポ酸」が人気を集めています。アルファリポ酸というのは、クエン酸サイクルの中心的な栄養素の一つで、日本においては、昔は医薬品にしか使用できない成分でした。2004年に、アルファリポ酸は食品にも使用することが可能になり、アルファリポ酸配合のサプリメントやダイエット食品が、一躍注目されることになったのです。



ダイエットをサポートする存在として、アルファリポ酸はどのような役目を果たすのでしょうか?アルファリポ酸には、体の中にある脂肪の燃焼を助けて、脂肪が燃えやすい体を作るという作用があります。アルファリポ酸を効果的に活用することによって、「燃焼系ダイエット」が可能になるというわけなのです。



またアルファリポ酸は、ビタミンCやビタミンEといったダイエットでもおなじみの成分の約400倍という強力な抗酸化作用を持つことでも知られています。アルファリポ酸による抗酸化物は、分子が非常に細かいという特徴があります。ですから、抗酸化作用をくまなく確実に広げてくれるというわけなのです。アルファリポ酸は、ダイエットのみならずアンチエイジングにも効果のあるサプリメント素材と言うことができるでしょう。

PageTop

健康的な習慣としてのダイエット

薄着の季節が間近に迫った時期や、海やプールで水着を着る前など、即効性のあるダイエットが必要な時もあるものですが、「日々の健全で正しい食生活」という意味でのダイエットは、健康的な習慣としていつも心がけておきたいものです。



ダイエットには、いろいろな方法がありますが、長く継続して行うことができるという観点からダイエット法を選ぶというのも、ひとつの考え方ではないでしょうか?例えば、あまりにも極端にカロリーを制限するような方法は、体の負担が大きく、長くは続けられないはずです。また、どんなに効果の高いダイエット成分を含んだダイエットサプリメントであったとしても、価格があまりにも高いものは、経済的な負担が大きく、継続して実践することは難しいのではないでしょうか。



健康的な習慣としてのダイエットは、ちょっとした工夫で気軽に行うことができるというのがポイントです。一日のうちにできるだけたくさんの種類の食品をバランス良く摂取するようにすることや、食事にはゆっくりと時間をかけてよく噛むこと、また、規則正しい生活のリズムを守ることなど、ごく当たり前の心がけが、体のためにはとても重要な意味を持つこともあるものなのです。

PageTop

ダイエットの難しさ

「ダイエット」という言葉を聞いて、真っ先に頭に思い浮かぶのは、どのようなことでしょうか?好きなものを食べることができない辛い食事制限でしょうか?面倒くさいカロリー計算でしょうか?いずれにせよ、ダイエットにはある程度の苦労や努力が欠かせないものであるという点においては、ほとんどの人は共通の認識を持っていると言っても過言ではないでしょう。「ダイエットをしなければ・・」というつぶやきに、どことなく悲壮感が漂うのは、そういう理由であると言えそうです。



「ある特定の食品を食べ続けるだけ」というダイエット方法が、繰り返し人気を集めるのは、辛い思いをせず、少しでも手軽に簡単にダイエットをしたいという多くの人たちの願望の現れではないでしょうか。ダイエット茶やサプリメント、ダイエット食品などの流行にも、同じような理由があると考えることができそうです。



せっかくのダイエットも、無理をし過ぎたり、自分の体質に合わない極端な方法を採用したりすると、苦しいだけで、思うような効果が得られないということもあるものです。効果的で健康的にダイエットを実践するためには、「ほどほどの我慢」が大切であるということができるかもしれません。

PageTop

ダイエット(食欲抑制ダイエット)

「美味しいものをたくさん食べたい」という欲求と、「健康的に美しくダイエットしたい」という願望は、両立させるのがとても難しいものです。食欲を抑えることは、ダイエットを進めていくうえでとても重要なポイントであるということができるのではないでしょうか?



いろいろな方法で食欲を抑制して、無理なくダイエットを実践しようという考え方があります。例えば「色」を使ったダイエットサポート法は、今最も注目されているものであると言っても良いでしょう。キッチンやダイニングルームのインテリアを考える場合には、食べ物がおいしそうに見える色彩や照明を工夫するのが一般的です。テーブルクロスや食器、食卓の周りの壁の色などは、食欲と密接に関わっているものなのです。



「紫」は、食欲を抑制する色として知られているもののひとつです。効果的なダイエットのためには、テーブル周りに紫色を多く取り入れてみるというのもひとつの方法と言えるでしょう。おもてなしには向かないかもしれませんが、自分のために買う食器は紫色で統一するというのも、有効な手段であるかもしれません。色の感じ方には個人差もありますから、自分なりのダイエットサポート法を工夫してみてはいかがでしょうか。

PageTop

ダイエット(リバウンドの罠)

ダイエットを実践するには、いろいろな困難を乗り越えていかなければいけません。根気のなさや忙しさ、食欲、空腹感など、ダイエットの障害となるものはたくさんありますが、ダイエットの一番の大敵は、なんといっても「リバウンド」なのではないでしょうか?自己流のダイエットをしたことがある人ならたいていが、リバウンドを経験しているといっても過言ではないでしょう。リバウンドは、ダイエット中に陥りやすい罠であるという言い方ができそうです。



リバウンドは、ダイエットの効果があまり感じられなくなった停滞期に、ダイエットをやめてしまうことによって引き起こされるものです。体重が少し減ったからといって油断してダイエットをやめてしまうのは、とても危険なやり方だということになります。



リバウンドを警戒しなければいけない理由のひとつに、ダイエット効果が「ゼロに戻る」のではなく、「マイナスになってしまう」場合も多いという点があります。ダイエット前より体重が増えてしまった人や、何度もリバウンドしているうちにどんどん痩せにくい体質になってしまったという人もいるのではないでしょうか。リバウンドを防いだ時点で始めて、そのダイエットは成功したと言って良いのかもしれません。

PageTop

リバウンドと「生体恒常性機能」

ダイエットというのは、仕組みは簡単ですが実行が難しいものということができます。ダイエットの最大の障害のひとつである「リバウンド」は、ダイエット効果による体重の減少が止まった時期に、ダイエットを中断してしまうことによって引き起こされるものです。



人間には「生体恒常性機能」と呼ばれる一種の自己防衛機能があります。生体恒常性機能が働きはじめると、体は、より少ないカロリーでも生活していけるように筋肉量や骨量などを変化させたり、体重の急激な変化を抑えるようにしたり、骨からカルシウムを摂取したりするようになります。摂取カロリーの減少や、体重の急減、摂りこまれる栄養素の変化というようなダイエットによる変化に適応する能力が、「生体恒常性機能」です。ダイエットと、この生体恒常性機能とは、切っても切れない深い関わりがあるというわけなのです。



リバウンドは、生体恒常性機能が働いている状態のままで、ダイエット前と同じ食生活に戻してしまった時に起こるもので、結果として体にはカロリーがあり余る状態になります。余ったカロリーは全て脂肪として蓄えられることになるため、ダイエット前と同じ体重に戻ってしまったり、ダイエット前より体重が増えてしまったりするのです。

PageTop

ダイエット(基礎代謝をあげよう!)

ダイエットと「基礎代謝」は、密接な関わりがあるものです。自己流の無理なダイエットをすると、基礎代謝を下げてしまうことにもなりかねませんが、効果的にダイエットをするためには、この基礎代謝をあげることがとても重要になります。



基礎代謝とは、人間が自分の体を維持していくために必要不可欠なエネルギーのことをいいます。このエネルギーは、横になって全く体を動かしていない状態でも、いろいろな生命活動のために常に使われているもので、1日の総消費エネルギーのうちの約70%を占めるのが普通です。つまり、基礎代謝力を上げることは、エネルギー消費量を増やすことにつながるというわけですから、基礎代謝はダイエットにはとても重要なポイントと言うことができるのです。



基礎代謝をあげるには、筋肉の量を増やすことが大切です。基礎代謝は筋肉率や体の大きさなどに比例するものなので、ダイエットのために極端な食事制限をした場合にはみるみる落ちていくことになります。食事制限するダイエットでは、脂肪も落ちますが、筋肉も落ちるというわけです。身長・体重が同じ場合でも、筋肉量が多くて体脂肪率が低い人の方が、基礎代謝は高いということになります。

PageTop

ダイエットに挫折してしまう理由

ダイエットを始めてはみるものの、すぐ挫折してしまう・・というようなことを繰り返していると、「どれだけ食べても満腹感が得られない」と感じられることがあるようです。ダイエットの失敗例のひとつとも言えるこの現象には、「レプチン」という物質が深く関わっていると考えられています。



脂肪細胞に脂肪が吸収されると、吸収された脂肪の量に応じたレプチンが分泌されることになります。体内の全ての脂肪細胞に脂肪が吸収された時に分泌されるレプチン量は、「セットポイント」と呼ばれていますが、このセットポイントに至るところまでレプチンが分泌されないと、人間は心の底からの満腹感を感じることができないというように考えられているのです。空腹感はダイエットの天敵ですから、レプチンとダイエットの密接な関係がよくわかることでしょう。



ダイエット中には、人間の体はレプチンの分泌を減らして食欲を増進させようという働きをしますが、ダイエットをやめて通常どおり栄養を摂るようにしても、レプチンのセットポイントはすぐには変化しません。このため、ダイエットと挫折を繰り返していると、「どれだけ食べても満腹感が得られない」という現象が起きてしまうのです。


PageTop

ダイエットと体の防衛機能の関係

ダイエット中の自分の体の中ではどのようなことが起こっているかを知らないまま、自己流のダイエットを続けていれば、リバウンドしてダイエットに失敗してしまうことも多いのではないでしょうか?急いでダイエットしたいからといって、極端な食事制限をしたり、いきなり過激な運動を始めたりすることは、危険を伴うものです。ダイエットをするつもりでいても、全く裏目に出てしまう恐れがあるということをよく覚えておきましょう。



リバウンドなしのダイエットを成功させるためには、体の防衛機能のひとつであるホメオスターシスと上手に付き合っていくことが必要です。ホメオスターシスが機能していると、体は日々の食事から最大限のエネルギーを摂り込み、また、最小限のエネルギーで活動できるように変化していくことになります。ホメオスターシスは、1か月のうちに体重が5%以上減った時、最大限に働くと考えられています。ホメオスターシスが最大限に働くと、どんなに摂取カロリーを減らしたとしても、体重にはほとんど変化が見られないということになり、ダイエットの挫折を招く大きな要因となってしまいます。ダイエットを始める前には、この点によく注意して、計画を立てると良いでしょう。

PageTop

ダイエット中のストレス解消法

ダイエットにストレスはつきものです。というのも、ダイエット中には自分の好きなものを思うように食べられないことが多いので、それだけでもイライラしやすくなる人が多いのではないでしょうか?そのうえ、思うように体重が減少しないとさらに精神的に不安定になってしまいがちなものです。ダイエット中にストレスをためてしまうと、過食にはしりやすくなり、リバウンドに結びつきやすくなってしまうということができそうです。ダイエット成功のためには、できるだけ気持ちを安定させるように心がけましょう。音楽や軽いスポーツなどで気分転換するのもひとつの方法です。一日中ダイエットのことだけを考え続けたりしないように、適度に気晴らしをしてみましょう。また、無理なダイエットプランは、それだけでストレスの原因となってしまいますから、ゆとりあるスケジュールを組んでおくことも重要です。



ダイエットの進み具合をチェックし、励みとするために、毎日決まった時刻に体重や体のサイズを測り、記録をつけておくというのも良いのではないでしょうか?ダイエットが終わってからも記録を続けていれば、体重増加の危険信号を早めにキャッチすることも可能になるでしょう。

PageTop

ダイエットの目的

せっかくダイエットをするからには、きちんとした成果を収めたいと願うのは、当然のことといえるでしょう。リバウンドの心配がない正しいダイエットをきちんと成功させるためには、どのような点に注意が必要なのでしょうか?



ダイエットの目標として、「体重○キロ減!」という数字を掲げる人は多いものですが、その人が本当に望んでいるのは、体重を減らすことよりも痩せて見えることである場合も多いようです。でも、体重は確実に減少しているのに、外見上は全く痩せて見えない・・という事態は、ダイエット中にはよく起こることです。ダイエットをしている時の体の中では、ホメオスターシスという防衛機能が働いており、ダイエット後にこのホメオスターシスが修正されて元の状態に戻るためには、約1か月間という時間が必要になります。体重の減少が、見た目にも反映されてくるようになるのも、およそ1か月くらい経った後になる場合が多くあります。ですから、ダイエットによる体重の減少を、ダイエット後約1か月間しっかり維持することができれば、そのダイエットは「成功した」ということができるでしょう。一時的な「成功」は簡単でも、それを維持するのはなかなか大変なものです。

PageTop

ダイエット法の選び方

ダイエットのやり方にはいろいろなものがあります。人間の体にも、一人一人いろいろな特徴や個性があります。その人に合ったダイエット方法はそれぞれ異なるわけで、身近にいる誰かがやってみて、「とても簡単に体重を落とすことができた!」というダイエット方法が、自分には全く効かなかったというケースも考えられるのです。全ての人が、同じ方法でダイエットできるというわけではないため、流行している話題のダイエット法を試す場合には、その点によく注意する必要があります。流行っているからといってすぐ飛びつくのではなく、よく吟味する姿勢が大事となるでしょう。



夏が近付く時期などには、ついつい無理なスケジュールのダイエットを計画したりしてしまいがちなものですが、ダイエットには、時間がかかることも多いものです。体に負担をかけないようによく注意して、ダイエットプランを作成するのが賢明でしょう。また、ダイエットの方法を選ぶ場合には、自分の体質や体型のほか、性格なども考慮に入れたうえで決断することが大切です。ダイエットを始めてからでも、とても辛いと感じるものや、続けることに困難を感じるものは、自分に合わない判断して、早めに見切りをつけたほうが良い場合もあります。

PageTop

ダイエットとイメージトレーニング

イメージトレーニングは、ダイエットを成功させるためには、とても重要とされるものです。「モデルやタレントの○○さんのようになりたい」という具体的なイメージを強く持つことは、ダイエットに挫折しないために有効な手段です。また、自分はなぜダイエットをしているだろうか?という点を常に念頭におき、その理由をきちんと答えられるようにしておくのも一つの方法でしょう。



ダイエットには、「気持ちの持ち方」が重要なポイントとなることがよくあります。これまでにダイエットのために費やしたお金や時間、労力などを考えると、辛い時でも頑張ってダイエットを続けることができたという人もあるほどです。ダイエットを成功させるためには、気楽に楽しく実践することと、強く固い意志を持つことの二つが欠かせないものなのではないでしょうか?



万が一、ダイエットに失敗してしまった場合には、気持ちをすぐに切り替えることが大切です。「どうせ失敗したのだから・・」と暗い気持ちになって食べ過ぎたりすることのないように、注意しなければなりません。必要以上に自分を責めたりせず、「また頑張ればいい」というくらいの楽な気持ちを持つことが重要であるということができそうです。

PageTop

ダイエットを続けよう!

ダイエットと、ダイエットによる挫折を経験したことがある人なら、ダイエットの実践にあたって本当に難しいのは、単に「体重を減らすこと」ではなく、「減らした体重を維持すること」だと理解しているのではないでしょうか?一時的に理想体重を実現することは、それほど難しいことではなくても、その理想体重をずっとキープしていくためには、相当な努力が必要となるはずです。



ダイエットの本当の難しさを理解している人は、目標体重や期間を特に定めずに、「常にダイエット中」という道を選ぶかもしれません。そのようなケースでは、ダイエットはすでに単なる「痩身法」ではなく、健康で美しい体を維持するための正しい生活習慣であるということができそうです。



肥満は生活習慣病などの原因にもなりやすいものですから、健康的な生活習慣を身につけることは、とても重要なことです。現在特にダイエットの必要はないという人でも、将来的なことを視野に入れたうえで、摂取カロリーをコントロールし、規則正しい生活を心がける必要があるのではないでしょうか?健康的でスリムな美しい体でいたいという願いを持ち続ける限り、その人のダイエットに終わりはないのかもしれません。

PageTop

ダイエット中の栄養について

ダイエットをするためには、消費するより多くのエネルギーを体内にとり込まなければ良い・・というのは、たいていの人が理解していることでしょう。でも、カロリーコントロールばかりを考えていては、ダイエットの成功は難しいものです。体に必要な栄養素はいろいろあり、不足している栄養素があると、やつれて疲れて見えたり、肌のつやがなくなったり、髪の毛がパサついたりしてしまいがちになってしまいます。適切なダイエットを実践するためには、栄養に関するちょっとした知識を持つことが大切でしょう。



ダイエット中は普段以上に、栄養のバランスを考えた食事をすることが重要になります。無理に総摂取カロリーを低く抑えようとすると、どうしても必要な栄養素のどれかが不足してしまうことになりやすいので、ダイエットプランはゆとりをもってたてておくことも大事です。また、毎日のダイエット食では補いきれない栄養素については、青汁や野菜ジュースでカバーしたり、サプリメントを利用したりすると良いでしょう。ただし、サプリメントなどはあくまで食事による栄養を補うという立場のものですから、頼り過ぎることのないように、三度の食事内容に気を配る必要はあると言えそうです。

PageTop

ダイエットは世代を越えた共通の関心事

ダイエットを全く経験したことがないという人は、現在ではかなり少数派なのではないでしょうか?特に女性なら、たいていの人が、一度や二度はダイエットを経験したことがあると言っても過言ではないでしょう。誰から見てもダイエットの必要などまるでないようなスリムな女性でも、ほんのちょっとした体のコンプレックスからダイエットを続けていたりすることもあるようです。



女性をターゲットとする雑誌には、毎号必ずと言っていいほどダイエットに関する記事が載せられていますから、ダイエットに対する関心の高さがうかがえることでしょう。大々的なダイエット特集を頻繁に組んでいる雑誌も、よく目につきます。ティーン向けの雑誌から、20代・30代向け、さらにそれ以上の年齢層に向けた雑誌までいろいろなものに、ダイエット関連の記事が載せられているので、ダイエットは世代を越えた共通の関心事であるということができそうです。



女性のみならず、男性のダイエット熱も高まりつつあります。こちらの場合は、見た目を意識するとともに、生活習慣病などを予防するという観点から、ダイエットをとらえていることが多いかもしれません。家族全員でダイエットをするというケースも、そう珍しくはないということができそうです。

PageTop

ダイエット(栄養素の不足に注意!)

ダイエット中の体というのは、普段より不安定になりがちなものです。ダイエット中は特に、栄養バランスに注意を払う必要があると言えるでしょう。カロリーを抑えるだけでは、ダイエットは成功しにくいものですから、さまざまな栄養素の力を活用して、ダイエットを賢く成功させたいものです。



「栄養素」というのは、一般には食べ物に含まれている主な成分のことをいいます。栄養素は、生命を維持するためのエネルギー源として必要なものであり、また、生体を構成するのに必要な材料として欠かせない物質でもあります。ダイエット中でも、この点にはよく注意する必要があります。人間の場合でいうと、体の生体恒常性をしっかりキープするために外からとり入れなければならないものとしては、食べもののほかにも水分や空気、太陽光線などがありますが、これらについては栄養素とはいわないのが普通です。



ダイエットをしている時に、疲れやすくなったり体調を崩したりしてしまう原因の一つとして、体に必要な栄養素の何かが不足しているということがあげられるでしょう。栄養素の不足に注意するとともに、特定の栄養素の摂り過ぎにも、よく気をつける必要があるということができます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。